iPhoneが応答しない時の解決策

「私のiPhone6がとてももっさりして使いづらい!全然反応しない。。。イライラする!どうしたらいいの?」

たくさんのユーザーはこのような経験をしたことがあると思います。(特にiOS9) 動作が遅いとイライラしますよね。でも大丈夫!この問題を解決する方法があります。


動作が遅いのは「空き容量が足らない」ことが1つの原因です。動作を改善するには十分な空き容量が必要になります。現在の空き容量を確認する場合は「設定」>「一般」>「使用状況」から確認できます。

容量不足でも安心してください。以下の方法で簡単に容量を増やすことができます。

ワンクリックでiPhoneのもっさりとした動作を改善する方法

iPhoneが全然反応しなくてもパソコンに接続できるなら iMyFone Umate ProiMyFone Umate Pro pour Mac を使って直すことができます。このクリーナーは最新の技術を使って問題のiPhoneを分析し最善の方法で空き容量を増やします。

ios space saver

iMyFone Umate Pro

  • ジャンクファイルをクリーンアップ:隠れたクラッシュログ、キャッシュ、クッキーなどの不要ファイルを全て削除する。無料で利用可能。
  • アプリに隠された一時ファイルを削除してiPhoneの動作を向上させる。
  • 写真管理:写真を圧縮し一括削除。
  • 5MB以上のファイルだけを検出しリスト表示化。選択した分だけ一括削除。
  • 要らないアプリをワンクリックでアンインストールする。

無料で試す無料で試す

このソフトウェアは処理が速くて簡単に使えます。特にワンクリックで空き容量を増やす機能はとても高性能でiPhoneの遅延を解決します。実際にiPhoneの動作低下問題を解決する一番の解決策はこのiPhone cleanerです。

iPhoneの空き容量を増やして動作問題を解決するには以下の3つの手順に従ってください。

  1. iMyFoneをダウンロードしてパソコンにインストールする。
  2. 「Quick Scan」をクリックして端末をスキャン。
  3. 「Clean」をクリックしてファイルを削除する。

あなたのiPhoneがまだ反応する場合は自分で動作遅延を直すことができます。しかし少し複雑で効率的ではありません。でも時間を費やして作業を行えばiPhoneの動作を改善できます。

手動でiPhoneの動作問題を解決する3つの方法

その1: モーションと透明度をオフにする

iPhoneは視覚エフェクトの処理を行う時に遅延が起こりがちです。しかし透明度とモーションをオフにすることでこの問題を解決できます。以下の方法を行ってください。

  • 手順1:iPhoneで「設定」を開き「一般」を選ぶ。
  • 手順2:「アクセシビリティ」を選ぶ。
  • 手順3:「コントラストをあげる」を選んで「透明度を減らす」をタップして「オン」を選ぶ。
  • 手順4:「アクセシビリティ」に戻って「モーションを減らす」を見つけて「オン」を選ぶ。
iphone lagging

その2: Appのバックグラウンド更新をオフにする

この機能は他のアプリが前面に表示されているときでも背後で動作することを許可する機能です。しかしこの機能によってiPhoneの動作を妨げパフォーマンスを低下させます。その機能をオフにすることで動作を改善できます。以下の方法に従ってください。

  • 手順1:「設定」>「一般」を開く
  • 手順2:「Appのバックグラウンド更新」を見つけてオフにする。

これでAppのバックグラウンド更新機能をオフにすることでiPhoneの動作問題を解決できます。

background refresh off

その3: iPhoneをアップデート(買い替え)する

残念ながらユーザーの間ではあまり真剣に考えられていません。ほとんどの場合はアップデートのことを忘れていたり知らなかったりします。しかし注意しなければいけないことは、他の方法で解決しなかった場合は端末自体をアップデートすることをお勧めします。

この場合動作自体に問題があると考えられます。その場合はiOSを最新版に更新してください。まれにアップデートで解決することがあります。

Update iPhone


最後にiPhoneの動作を低下させる問題点を見ていきましょう。使用状況によっての原因もありますが設定が問題を起こすこともございます。以下は基本的に問題の原因とされている例です。

  • メモリがいっぱい
  • 重いアニメーション
  • アップデート不足