iOS10でキャッシュを削除してiPhoneの動作を改善する方法

写真を撮る時や動画撮影前に毎回ファイルを削除するのは面倒くさいですよね。キャッシュを削除して空き容量を増やすしかありません。iOS10でファイルやデータを削除する方法は以下でご説明します。

ios 11

パート1. iOS 10でキャッシュを削除してiPhoneの動作を早くする

キャッシュファイルはほぼ全てのアプリで存在します。例えばFacebook, WhatsApp, WeChatなど。アプリによっては数ギガバイトのキャッシュファイルも存在します。

大量のキャッシュアプリが存在するか確認するには設定>使用状況を開いて確認できます。「書類やデータ」はキャッシュファイルを意味します。

iOS10でキャッシュを削除する方法は?無料だけどとても高性能な方法をご紹介します。 iMyFone Umate Pro / iMyFone Umate Pro pour Mac は無料体験版でもとてもパワフルでiPhoneのジャンクファイルや一時ファイル、アプリのキャッシュなど全てを数回のクリックで削除します。

iOS 10 キャッシュを削除する方法1

手順1. iMyfone Umate無料版をパソコンにインストール。iMyfone Umateを起動する。

無料で試す無料で試す

手順2. iOS端末をケーブルでパソコンに接続する。
connect iPhone

手順3. iPhoneまたはiPadを接続したら、スキャンボタンをクリックして端末をスキャンする。iMyfone Umateが端末内の不要なファイルを探します。
scan iPhone
手順4. スキャン作業を完了すると iMyfone Umatがファイルを一覧表示します。「Clean」をクリックしてジャンクファイルと一時ファイルを削除する。

vider le cache iphone

iOS 10クリーナーの主な機能 - Umate Pro

  • 独特のクリーニング技術で全てのアプリのキャッシュ、クッキー、一時ファイル、クラッシュログ、ストレージファイルなどをワンクリックで削除します。
  • iOS写真を全て圧縮することで写真スペースを75%セーブします。元の写真は全て自動でパソコンにバックアップされます。
  • 複数の写真、動画、アプリをリスト表示し不要なものを一括で削除できます。また元のデータは全てバックアップされます。
  • Umateが大事なファイルを完全に削除します。一度消したファイルは復元プログラムを使っても2度と復元することができないので第三者の手にわたる心配は一切いりません。
  • 普通に消したファイルは簡単に復元できます。このモードではiPhone内の復元できるファイルを検知しリスト表示します。もしあなたの大事なファイルが出てきたら、完全に削除することをオススメします。

パート2. iOS 10 削除する3つのコツ

1つ目 長期間メッセージを保管しない

テキストメッセージでやり取りしているなら、長期間保管するのは止めましょう。溜め続けるとiPhone動作に影響を与えます。定期的に古いメッセージを削除することをオススメします。

メッセージを保管する制限を設けるには、設定>メッセージ>メッセージ履歴>メッセージを保管を開いて「30日間」に変更しましょう。

2つ目 写真の2つのバージョンを保存しない

HDRモードで撮影する場合、iPhoneは2枚同時に撮影します。そのため使う容量も2倍です。解決するには、設定>写真&カメラ>「普通の写真をキープ」を開く。これで普通の写真は保存されなくなります。

3つ目 使わなくなったアプリを消す

たくさんアプリが入っていても実際使うのは少しってユーザーは多いと思います。使わなくなったアプリは積極的に消しましょう。アプリを消すには、設定>一般>使用状況>データ管理を開く。要らないアプリを選んで消しましょう。