iCloudからアイテムを削除する方法とは?

多くのものをiCloudに保管でき、それらをiPod、iPhoneやその他様々なデバイスからアクセスすることができます;しかし、不要となったものを削除したいと思っているあなた。iCloudは重要な情報、例えばカレンダー、連絡先、写真、コンテンツやその他多数を保管できる外部ディスク見たいなものです。これらの重要情報をiCloudからとのようにして削除すれば良いのでしょうか?

パート1: iCloudからアイテムを削除する方法とは?

不要なファイルを貯め続ける場合、iCloudはすぐに満杯になり、収集がつかない状況に陥ります。ファイルを削除することが最高の解決策になります。しかし、多くの方々は、iCloudからものを削除することが大変シンプルであることに気付いていません。下記には、iCloudから書類やファイルを削除する手順を記しています。

手順1: iPad、iPhoneやその他のiOSデバイスの設定アプリを開きます。
手順2: そこからiCloudを選択します。
手順3: そこから、ストレージを選択します。
手順4: ストレージを管理をクリックします。
手順5: アプリが表示されますので、iCloudでデータを保管したアプリを選択します。
手順6: 右から左にスワイプして、アイテムごとの消すや削除するボタン(赤色)を表示させます。
手順7: プロンプトされたら、クリックして確認します。

delete items from iCloud

パート2: iCloudからバックアップアイテムを削除する方法とは?

写真、ノート、連絡先、カレンダー、メッセージやその他多数のもの、iPhoneのバックアップアイテム全てはiCloudから取り除くことができます。下記の手順は、iPhoneからバックアップを削除する方法を記しています。

手順1: iPhoneの設定を開きます。
手順2: 一般をクリックして、それからストレージとiCloud使用状況をクリックします。
手順3: ストレージを管理をクリックします。
手順4: リストからデバイスを選択します。
手順5: 最終的に、バックアップを削除をクリックします。

上記の手順により、不要なファイルとiCloudのバックアップ両方を削除できます。しかし、この方法では不要なファイルやバックアップされたアイテムを永久削除される訳ではありません。iPhoneやその他のデバイスから不要なファイルを永久削除するツールをお探しである場合、最良のオプションはiMyFone Umate Proになります。

delete backup from iCloud

パート3: バックアップやファイルを永久的にiCloudから削除する方法とは?

場合により、iCloudからファイルやバックアップを永久削除して、保管容量を空ける必要があり、又は、プライバシーを保護するために削除する必要性があります。そのような場合、iMyFone Umate Pro又はiMyFone Umate Pro for Macを使用して、iOSデータを永久削除できます。このソフトウェアは、iPhone/iPad/iPodから永久的にものを削除します。プライベートデータを削除してから、一切心配せず、iPhoneからiCloudにバックアップできます。

詳細なガイド
手順1: iMyFone Umate Proをパソコンにインストールします。

無料で試す無料で試す

手順2: iPod、iPhoneやその他のiOSデバイスをケーブルでパソコンに接続します。
手順3: 「プライベートデータを永久削除」を選択してデバイスのスキャンを開始します。

  • プライベートデータを永久削除パターン: 写真、メッセージ、着信履歴やWhatsAppと Wechatデータや添付物を永久削除。
  • 削除されたファイルを永久削除パターン: 削除さらたファイルを上書きして、リカバリーのリスクを無くす。
  • プライベートフラグメントを永久削除パターン: Snapchat、Facebook、Kikやインスタグラムフラグメントを永久削除。

手順4: スキャンの分析結果が表示されます。完了するまで待ちます。
scan tp delete files from iCloud
手順5: 削除したいアイテムをクリックします。「今すぐ永久削除」をクリックします。
delete files from iCloud
手順6: プロンプトされたら、ボックスに「削除」と入力して、確認します。

confirm to delete files from iCloud
手順7: アイテムは永久的に削除されます。