iPhoneの履歴を確認する方法

iPhoneの履歴を見たい場合はSafariを使って確認できます。Safariページならなんでも確認できるのでとても便利な方法です。Safariを使って履歴を簡単に確認する方法は以下の通りです。

手順 1: SafariをiPhoneでひらく。
手順 2: 一番左下に矢のアイコンがあるのでそれをタップする
手順 3: 履歴メニューが表示されます。開きたいサイトのリンクをタップする。

iPhone/iPadの履歴を確認する他の方法

iMyFone Umate ProiMyFone Umate Pro for Mac はiPhone/iPadの履歴を見るのにとても役立つアプリケーションです。iMyFone Umate ProはSafariを使って確認する方法と似ているが、さらに迅速かつ効率的に履歴を確認することができます。

iMyFone Umate Proを使って履歴を確認する方法は以下の通りです。

手順 1: iMyFone Umate Proを起動してiPhoneをパソコンに接続する。

無料で試す無料で試す

手順 2: 「Erase Private Data」をクリック。iMyFoneがプライベートファイルをスキャンします。

scan your iPhone

手順 3:スキャン後、「Safariの履歴」タブが表示されます。それをタップして検索履歴を確認できます。

view search history iphone

iMyFone Umate Proを使うやり方 vs Safariを使うやり方

Safariを使ってiPhoneの履歴を確認するのはとても簡単な方法です。しかしユーザーの皆さんはSafariではできないことを望んでいます。 iMyFone Umate Proがその願いを叶えます。

様々な履歴の確認、空きスペースの確保、データの削除、プライバシー保護などの機能を備えた完全オーガニックソフトウェアです。

  • iMyFone Umate ProはSafariの方法とは違って通話履歴やSafariキャッシュ、クッキーなど他の種類のファイルも見つけて表示します。
  • また削除したiPhone履歴も確認頂けます。履歴を消して前訪れたお気に入りのサイトがわからない場合でも、Umate Proを使えば簡単に復元できます。
  • またUmate Proを使えばデータや履歴を完全に削除し二度と復元できなくします。他人に復元される事は絶対にないのでプライバシー保護にお勧めの機能です。

how to check history on ipad

Umate Pro ができること

  • 不要なファイルを全て削除する手助けをします。目に見えないファイルやアプリのキャッシュ、クッキー、クラッシュログなどのファイルも検出し削除します。
  • 写真や動画、アプリなどのファイルサイズの大きいものを削除する。それらのファイルを一気に削除するので時間もセーブできます。
  • さらに写真を消したくないけどメモリを増やしたいって方はUmate Proを使って写真を圧縮することができます。
  • あなたのプライバシーを守るためにiMyFone Umate Proで以前消したファイルを完全に削除する。基本的に自分で消したファイルは復元可能です。iMyFoneはオーバーライティング技術でファイルを取り除き、復元不可能にします。
  • WhatsAppメッセージや通話履歴、連絡先など全てを削除することができます。

how to find history on ipad


Safariに関するその他のチュートリアル

Safariを使って履歴を確認する方法で履歴を削除するのは効果的ではありません。しかしSafariには他に役立つ機能が備えられています。

知っている方もいらっしゃるとは思いますが、Safariにはプライベートモードがあります。このモードでは履歴ファイルを作らずにサイトにアクセスできます。この方法でメモリを効率的に守ることができます。
またSafariを使って特定のサイトをブロックできます。子供に見せたくないサイトなどにアクセスできないように設定できるのでとても便利な機能です。
さらにタブをピンしたりミュートにしたりすることも可能です。特定のタブからだけ音を流すことができます。またよく訪れるサイトにすぐにアクセスできるようにできます。
最後に、ウェブページ内で検索ができ、ウェブページのソースまで閲覧できます。