iPhone のストレージを増やす5つの方法

その1: 一般的な容量不足の解決法

iPhoneのストレージの空き領域(データが保存できる容量)を確認する場合、「設定」>「一般」>「ストレージとiCloudの使用状況」の順に画面を開き、空き容量を確認することができます。

もし使用可能容量が1GB以下の場合、iPhoneの容量不足を示します。その場合の解決策は以下の手順に従ってください。

「設定」> 「一般」> 「ストレージとiCloudの使用状況」> 「ストレージを管理」の順に開くと、どのアプリが一番容量を占めているかご確認頂けます。

restart iPhone
  • [メッセージ (iMessage) ] アプリが容量を占めている場合: 会話内容、送受信した写真や動画を削除することによって、iPhone上の容量を確保することができます。
  • [写真]アプリが容量を占めている場合、iPhone上の保存されている写真をパソコンにバックアップし、iPhone本体から削除することによって容量を確保することができます。又、写真を高画質のままiCloudにバックアップし、代わりに低画質の写真をiPhone上に保存することによって少しでも容量を削減できます。設定方法は「設定」> 「iCloud」> 「写真」の順に開いてください。
  • [その他アプリ] YouTube, Facebook, Twitter, InstagramなどのSNSアプリがストレージを占めている場合、全く使わなくなったアプリはアンインストール (削除)しましょう。

その2:iPhoneの不要なバックアップデータを整理

[iCloud]を設定すると、5GB分のストレージを無料でご利用いただけます。 iPhoneがネット環境下にあり充電されている場合、iCloudに自動的にバックアップが開始されます。

[iCloud] のストレージがいっぱいになると、いつもの「ストレージの空き領域がありません」と警告が出ます。もううんざりと思ったあなた、下記の手順で解決!

  1. iPhoneで[設定]を開く
  2. 「一般」> 「ストレージとiCloudの使用状況」>「ストレージを管理」の順に開く
  3. もし、昔使っていたiPhone 4やiPhone 5の必要のないバックアップデータが残っていた場合、それらをクリックし[バックアップ削除 (Delete Backup)]をタップ。
ipad slow


その3:アプリのキャッシュについて

iPhoneを長く使っていく事で、アプリの起動が遅かったりと動作が重く感じる事があると思います。それらの原因は普段目にする事がない「キャッシュ」や「クッキー」と呼ばれるゴミが原因です。iPhoneを使っていると自然にそれらが蓄積していき、ストレージを占めてしまいます。iPhoneのストレージがまだあるにもかかわらず、「ストレージの空き領域がありません」と警告が出る場合は「キャッシュ」や「クッキー」と呼ばれるゴミを消す事で解決されます。[Safari]が重くてページを表示しないなど「重い」と感じたら、一時的に溜まったキャッシュ」や「クッキー」を削除しましょう。手順は以下と通りです。

  1. 設定」> 「Safari」の順に開く
  2. 下の方にスクロールさせると「履歴とWEBサイトデータを削除」をタップ.
Applications Caches

上記の方法で[Safari]に溜まったWEBサイトデータ等の「キャッシュ」をクリアする事が出来ます。この方法はほとんどのアプリに使えますが、稀に使えない場合があります。詳しい手順は下記のリンクをご覧ください> clear app cache on iPhone!


その4:iCloudストレージの容量を買い足す

お持ちのiOSデバイスをiCloudアカウントと接続している場合、写真や動画の同期により、すぐにiCloudストレージがいっぱいになってしまいます。

バックアップのサイズとiCloudに保管するコンテンツ量によっては、無料分のストレージ (5GB)をすぐに使い切ってしまいます。iCloudストレージの容量を買い足すことで、空き容量を増やせます。ストレージを買い足しは以下の通りです。

stockage iCloud

  1. 「設定」> 「iCloud」> 「容量」の順に選択
  2. 「さらに容量を購入」を選択
  3. 自分に合ったプランを選択し「購入する」をタップしてください。プランを変更またはキャンセルされるまで、毎月同じ額の請求が発生します。
上記で話したiPhoneの容量不足の解決法にはいくつかのデメリットがあります。以下の通り:

  • iPhoneに保存されているメールや写真を1つ1つ消していくのはすごく面倒くさい!
  • iCloudアカウントに今お使いのデバイスだけが接続されている場合、iCloudストレージの容量買い足ししか方法がありません。
  • iPhoneの[設定]から要らないファイルだけを選び、消す事ができないため、間違って大事なデータを消してしまう恐れがあります。
  • iCloudストレージの容量を買い足す場合、いくつかプランがあり、最初は50GB (¥130/月)のプランで全然構いません。しかし、時間が経つにつれて、買い足したストレージがいっぱいになります。そうなると200GBもしくは1TBのプランにアップグレードできますが、月額400円 (200GB)もしくは月額1300円 (1TB)とお金もその分掛かります。

その5: これ1つですべて解決!

パソコン用に作られたソフトウェア[ iMyFone Umate Pro]または[iMyFone Umate Pro for Mac]を使うと、独自に開発された25以上もの分析テクノロジーを駆使してあなたのiPhoneを分析し、ワンクリックでiPhoneの容量不足を解決します。

このソフトウェアを使えば、瞬時に何がどのくらいの容量を消費しているか一覧で見る事ができます。更に、自分で消したいファイルもしくはアプリなどを画面上から選び削除することが出来ます。もちろんワンクリックで消すことも出来ます。

Windows version Mac version

  • 30以上の不要ファイル (アプリのログやキャッシュを含む) をワンクリックで削除。
  • 余分なデータや一時ファイルを削除し大容量確保。
  • 高画質を維持したまま写真を圧縮&写真を削除し75%以上のストレージを確保できます。
  • ファイルサイズが5MB以上のものを自動で選別し削除します。
  • データサイズ順にアプリをリスト表示化&使われていないアプリを選別し削除します。
  • 圧縮&削除する前に全ての写真や動画を自動でパソコンにバックアップします。

Mac version

便利なソフト [iMyfone Umate]を使えばiPhone上の余分なデータを分析し、1KB残らず削除し最大限にiPhoneを活用することができます。[iMyfone Umate] はWindows と Macに対応!フリートライアルもあるので是非、お試しください。

[iMyfone Umate]を使って不要なデータを削除する方法は以下の手順に従ってください。[iMyfone Umate]を起動> iPhone / iPad/ iPod Touchのいずれかを接続 >[Clean]をクリック


上記の5つの方法を使えばiPhoneのストレージを確保することができます。5つのうち、どの方法がベストでしたか?もし、この他に使える方法がありましたら、コメント欄にて教えて下さい。

norton mcafee