iOS 10用にストレージを確保する7つの秘訣

iOS 10のリリースはiPhoneユーザーとテスターの間で熱い議論を引き起こしました。リリースされる前は、どのようにしてiOS10アップデート用に空き容量を確保したらいいか多くのiPhoneユーザーは頭を抱えました。下記にiPhoneの空き容量を確保する7つの秘訣をご紹介します。

iOS 10用にストレージを確保する7つの秘訣

秘訣 1. サイズが大きい不要なアプリをアンインストール

何が自分のiPhoneのストレージを消費しているかわからない?iTunesストアで見るアプリのサイズと実際iPhoneのストレージを消費しているサイズが違い、頭が混乱します。この違いの原因はダウンロードとアプリの添付はアプリサイズよりストレージを消費する場合があるからです。
アプリがトータルで消費しているサイズを確認する場合は、「設定」>「一般」>「ストレージ&iCloud使用状況」>「ストレージを管理」を開いてください。一般的にゲームなどのアプリは機能アプリよりストレージを多く消費します。もし100MB以上のストレージを消費しているアプリがある、またもう使わないアプリの場合、「アプリを削除」をタップしてアプリを削除しましょう。

deleting app iphone


秘訣2:サードパーティアプリのダウンロードには気をつけろ

全てのアプリをダウンロードするときに気をつける必要があるけれど、特にサードパーティアプリには気をつけてください。iBooks, Newsstand, and Kindle appなどのダウンロードファイルが軽く100MBを超えます。言うまでもありませんが、これらのソーシャルネットワークアプリはたくさんのメッセージや添付された写真や動画によってかなりのストレージを消費します。もしiOS10アップデート用にストレージを確保したいなら、これらのダウンロードを管理し、予防策として自動ダウンロードをオフにしてください。

iBookの自動ダウンロードをオフにしたい場合、「設定」>「App&iTunes Store」からできます。

tun off ibook


秘訣3:写真編集アプリで写真をチェック

写真編集アプリは女性iPhoneユーザーと写真家に人気です。これらのアプリを使えば、さらに良い写真をライブラリーに追加できます。もちろん基本的にオリジナル写真は写真ライブラリーに保存したままです。iOS10アップデート用にストレージを確保するには、それらのオリジナル写真、またSNSにシェア済みの写真を積極的に削除しましょう。今まで削除して来なかった写真が占めていた容量を見るとかなり驚くはずです。写真編集アプリ内で「オリジナル写真を保存する」のオプションをオフにすることで、近い将来写真を削除する手間が少し省けます。


秘訣4:不要なマルチメディアファイルを削除

当たり前のように音楽や動画はiPhoneストレージの中で一番消費する存在です。特にiPhone 6sや6s Plusで対応した4K動画やライブフォトです。不要のマルチメディアファイルを削除することで、かなりのストレージを確保できます。削除する前に必ず、残しておきたいファイルはiTunesやiCloudにバックアップをしてから作業を行ってください。そうすれば必要な時にバックアップから簡単に復元できます。


秘訣5:iMessagesとnotesを管理

これはあまりiMessagesを使わない、もしくはto-doリストを使わない人にはあまり効果がない方法かもしれません。しかし、iMessagesをよく使い、長い間添付ファイル (音声や写真など)を放置している人にとってはかなり有効な方法です。それらのメッセージやファイルを削除することで100MB以上のストレージを確保できます。Notesも同様です。iPhoneに保存されているものは全て必要で使うものだけにしましょう。そうすればiOS10アップデート用のストレージを確保できます。

imessages


秘訣6:iCloudの写真共有をオフにする

なにかの行事の時などに撮った写真を友達や恋人と簡単にシェアできるフォトストリームはとても便利な機能です。しかしiCloudの写真共有機能をオンにしていると他のiPhoneユーザーのフォトストリームがあなたのiPhoneにこっそり蓄積し、すぐにiPhoneのストレージは一杯になります。解決策は他人のフォトストリームに参加せず、この機能を使わないときはiCloudの写真共有をオフにしましょう。


秘訣7:ワンクリックでiOS10用に空き容量を確保

大切な写真や音楽に別れを告げる気はないですか?iPhoneに入っているアプリの設定をチェックしたり変更したりするのが面倒に感じる?そういった方のためにワンクリックでiOS10用に空き容量を確保できます!iMyFone iPhone Cleaner または iMyFone iPhone Cleaner for Mac はシンプルかつ簡単な方法でiPhoneのジャンクファイルを削除、画質を維持したまま写真圧縮、アプリを管理し効率的に空き容量スペースを確保します。たったワンクリックで全てのプログラムが自動で作業を開始します。

無料体験版もご用意しております。この体験版では一度だけジャンクファイルの削除、最新の5枚の写真を圧縮、アプリのアンインストールを行えます。

Windows version Mac version

手順1:パソコンにiPhoneを接続

パソコンにソフトをダウンロードしプログラムを起動した後、iPhoneをパソコンに接続してください。接続完了後、iMyFone Umateのホーム画面が表示されます。

Home Interface for Quick Scan

手順2:iPhoneスペースをスキャン&分析

ホーム画面にある「Quick Scan」をクリックした後、スペースセーバーがスキャンし、ジャンクファイルの削除、写真圧縮、アプリの管理で確保できるストレージを分析します。

Space saving Analysis Results

手順3:iPhoneのスペースをもっと取り戻す

ジャンクファイルを整理: ジャンクファイルを削除するには、「Clean」ボタンをクリックする必要があります。全てのジャンクファイルをリスト表示し、「Clean」ボタンをクリックで削除できます。作業終了後、確保したストレージとまだ確保可能なストレージをホーム画面に表示します。
画質を維持したまま写真を圧縮&写真を一括削除: 「Compress」または「Delete」をクリックで写真圧縮を開始します。全てのオリジナル写真は自動的にバックアップフォルダーに保存されます。
選抜アプリ管理: ホーム画面から「Remove」をクリックでお持ちのアプリを管理。ストレージ消費サイズ別にランク付けされたリストを閲覧。ほとんどの場合、ランキングの下の方にあるアプリはめったに使われていないアプリです。1つもしくは複数アプリを選択でき、削除できます。
free up iphone


ワンクリックスペースセーバーでiOS10を動作させるために必要なストレージを確保できます。 iMyFone Umate Pro または iMyFone Umate Pro for Mac は全てのiPhone/iPad/iPod Touchシリーズでお使い頂けます。是非、一度無料体験版を試してみませんか?

Windows version Mac version

注意:写真圧縮&削除後、「Open Backup Folder」をクリックでバックアップした写真を確認できます。