iPhoneの一時ファイルを消す方法

iPhoneを長い期間使い続けるといろんなアプリがメモリをたくさん占めます。iPhoneの一時ファイルはアプリ起動時に作成され、使用していくにつれどんどんメモリを占めていきます。それらのファイルは基本的に一度しか使われず、その後消さない限りiPhoneに残り続けます。iPhoneは日々一時ファイルを作り続け自動で消してはくれません。そのため私たちが常にファイルを消して空き容量を確保する必要があります。メモリがいっぱいになる問題だけではなくiPhoneの動作を低下させる原因にもなります。そのためジャンクファイルを整理することはとても大事な事です。

Qどうすればいいの?

もうメモリがどうやって減っていくか、また一時ファイルを消す必要性がわかったと思います。次に気になるのは消す方法です。答えはとてもシンプルです。iMyFone Umate Proを使えば全て解決!

iMyFone Umate iPhone Cleaner は高性能で一番簡単にiPhoneから一時ファイルを消す事ができます。このソフトウェアで全てのiOSデバイスを整理する万能ツールです。iPhone のメモリを整理してパフォーマンスを最大限まで高めます。インストールも簡単で誰でも使えるようにデザインされています。

iMyFone Umate ProはMacとWindows両方に対応しています。


iPhoneから一時ファイルを完全に消す方法

iMyFone Umateの一番良い事はアプリの一時ファイルを消すだけでなく全てのジャンクファイルを削除します。またファイルサイズの大きいものだけを見つけ出し削除し空き容量を増やします。基本的にiPhoneやiPadをスキャンして分析し、最大限にメモリを確保する方法を提案します。

ios space saver

iMyFone Umate iPhone Cleaner

  • ジャンクファイルを検知/削除:スキャン後、30以上のジャンクファイルをリスト表示しiPhoneから取り除きます。無料で利用できます。
  • アプリの一時ファイルを検出:一時ファイルは基本的に見えないので時間とともにどんどん溜まっていきます。このプログラムはそれらを見つけ出し削除してくれます。
  • 写真を管理:2つオプションがあります:圧縮するか一括削除するか。圧縮で写真スペースの75%を確保します。
  • ファイルサイズが大きいものを削除:Umateがあなたのデバイスをスキャンしてファイルサイズが5MB以上の動画をリスト表示し、不要なものだけを選択して削除できます。
  • アプリを管理:一回で複数のアプリをアンインストール。
  • プライベートデータを削除:不要の個人情報やプライベートデータを完全に削除する。

無料で試す無料で試す

iMyFone Umate Proを使ってiOSデバイスから一時ファイルを消す方法を以下で紹介します。

手順1:USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続

iPhoneをパソコンに接続してプログラムが端末を認識します。
connect your iPhone with computer

手順2:iPhoneを精密にスキャンする

「Quick Clean」を押したらジャンクファイルの種類が画面に表示されます。またどのくらいの容量を確保できるか見積もりも表示されます。

scan your iPhone

手順3:ワンクリックでiPhoneを整理

一時ファイルのオプションも前にある「Clean」をクリックするだけ!数分で作業が終わり、iPhoneから不要のアプリの一時ファイルが削除されます。
clean up temp files