iPhoneから簡単にジャンクファイルを消す方法

iPhoneやiPadを使っていくうちに動作が遅くなってきたなぁと思うことがあると思いますが、それは正しいです。動作がだんだん遅くなってきている事に気づくのは難しいですが、アプリの反応が遅かったり、Safariでのページ読み込みが遅くなってから気づきます。この記事ではなぜiPhoneの動作が遅いのか、そしてその解決策をご紹介していきます。

最新のiPhoneとiPadは旧モデルより遥かにパワフルなプロセッサーを搭載しています。そのため少し動作が遅くても新しい端末を買う必要はありません。一般的にiPhoneとiPadのソフトウェア問題が端末の動作を低速にする原因ですが、それを修復することで一段と速くなります。この記事ではそういうことを説明しています。
Apple iPhone

あなたのiPhoneはたくさんのデータを保存します。そのおかげで生活をより便利にします。例えば電話に出れなかった時に着信履歴として相手の電話番号が記録されます。もし第三者に見られたくない情報があるなら、常に履歴やデータを削除する必要があります。それらのジャンクファイルは端末の動作速度を遅くする原因になります。

ジャンクファイルはiPhoneの動作を妨害するのでiMyFone Umate Proでスキャンする必要があります。

ジャンクファイルの種類:

  • アプリキャッシュ:キャッシュや写真、スナップショット、動画などのメディアファイルはすぐアクセスできるように自動でキャッシュを作ります。それらが積もると1GB以上の容量を占める場合があります。そのため、それらの大容量ファイルを読み込まなければならないため、アプリが開くまで時間がかかります。
  • アプリクッキー: アプリのクッキーはファイル数が少ないテキストファイルが多いです。それらのファイルは基本的にお使いのアプリを使って作られ、アプリ内での作業などを記録します。例えば、アプリ内でのテーマ設定やあなたの登録情報などを管理するためにクッキーが用いられます。
  • アプリ一時ファイル:データ交換や複雑な計算が行われるときにiOSのアプリが一時ファイルを作成します。基本的にそれらのデータは一度しか使われず、アプリの使用をやめた時点で削除されます。
  • アプリクラッシュログ: アプリがクラッシュしたりフリーズした時に、原因を解明するためにクラッシュログが作成されます。クラッシュログにはアプリクラッシュ前のアプリの動作が記録されています。ほとんどの場合、この機能は不要で役に立ちません。
  • Dダウンロード一時ファイル:ダウンロードやiTunes同期に失敗した場合一時ファイルが作成されます。それらのファイルは「その他」に保存されます。iTunesから簡単に確認できますがiOS4より以前の端末の場合見つけることが難しいです。
  • 写真キャッシュ:サードパーティアプリでカメラロールにアクセスした場合、サムネイルなどの情報を記録するためにキャッシュファイルが作成されます。
  •  ストレージファイル: iPhoneファイルのブラウザやソフトウェアを使った場合いくつかのファイルが保存される場合がございます。今まで気が付かなかったとしてもiMyFone Umate Proを使えば簡単に見つけだし削除できます。
  • iTunes Radio キャッシュ:iTunes Radioは最高に楽しめますがキャッシュファイルもたくさんあります。iMyFone Umate Proを使えば簡単にiTunes Radioに存在するキャッシュを全て削除できます。これで不要なテキストやアルバムのサムネイルを消すことができます。

iMyFone Umate ProiMyFone Umate Pro for Mac はiOS端末ユーザーにもってこいのツールです。iTunesには高性能の管理システムが備えられています。例えば、iPhoneを整理してパフォーマンスを向上させたり、容量をセーブしたりできます。また、たくさんの写真やアプリが保存されている場合は特に役立ちます。その他にも適切にiOS問題を解決してくれます。

iMyFone Umate Proを使ってジャンクファイルを消す方法

iPhoneとiPadは誰もが簡単に使えるデバイスです。しかしiOSはすぐに不要ファイルが溜まって動作が遅くなりがちです。この記事ではiMyFone Umateを使ってジャンクファイルを消す一番効率のいい方法をご紹介致します。

iPhoneのデータを整理することでパフォーマンスを向上することができます。iMyFone Umateは必要以上にiPhoneの動作問題を改善し助けてくれます。iOSデバイスはMacほど手入れは必要ありませんが、時々ケアしてあげることで常に最高のパフォーマンス状態で使えます。

無料で試す無料で試す

手順1. iPadをパソコンに接続しプログラムを検出します。
1. Connect Your iOS Device

手順2 ジャンクファイルのタブを選んで「Scan」をクリック
junk files tab

手順3 画面右下の「Clean」をクリックして作業開始
5. Junk Files Clean-up

作業後、どのくらいのスペースを確保したか、またあとどのくらい確保できるか表示されます。