iPadの写真を圧縮して容量を取り戻す方法

あぁ、容量がいっぱいだ!写真撮りたい時に容量いっぱいで撮れないなんて事ありますよね。iPhoneやiPadユーザーによく起こる問題です。写真や動画は端末の容量を大幅に食いがちです。端末にある写真を圧縮すれば空き容量を増やす事ができます。これで容量不足に悩むことはありません。

方法1:iPadから直接写真ライブラリを圧縮する方法

AppleはiPhoneから直接オンラインで写真をiCloudに転送できる解決策を提供しています。それらの写真は写真アプリ内で見れます。写真を開く場合はiPhoneがiCloudから写真をダウンロードして表示します。そのため高速インターネットと接続しておく必要があります。

以下の手順に従ってください:iPad/iPhoneから「設定」>「写真&カメラ」をひらいて「ストレージの最適化」を選ぶ。

optimise_iPhone_storage

方法2: PhotoShrinkerを使って写真を圧縮する方法

iPhone/iPad上にある写真を圧縮するアプリです。しかし、写真のオリジナルデータも削除されるので、もしオリジナルを取り戻したい場合はとても難しいです。そのため写真を圧縮する前に気をつけなければいけません。

ステップ1:アプリをダウンロードしてひらく。
ステップ2:圧縮したい写真を選ぶ。
ステップ3:青いバーをタップして圧縮する。

compress-photos-shrinker

方法3:iMyFone Umate Proを使ってiPhone上の写真を圧縮する方法

iMyFone Umate ProiMyFone Umate Pro pour Mac は写真の画質を維持したまま圧縮しファイルサイズを削減します。パソコンに写真を移す必要やCloudストレージに移行する必要は一切ありません。新しい写真を撮る時に大事な写真を消すのが嫌な人にとっておきのソフトウェアです。これで全く心配なくiPhone/iPadをお使い頂けます。端末内の写真を圧縮する事で空き容量を増やせます。

無料で試す無料で試す

ステップ1 iOS端末をパソコンに接続する。
connect iOS devices with PC

ステップ2 画面下にある「写真」タブを選んで「バックアップ&圧縮」をクリックすると、オリジナル写真をパソコンにバックアップします。
compress_photos

ステップ3 その後、写真の画質を維持したまま写真を圧縮して、写真ストレージの75%を確保します。
compress photos up on iPhone

iMyFone Umate Proができること

  • 写真キャッシュを削除する:写真アプリを使っている時に写真キャッシュが作成されます。写真を削除してもキャッシュは残り続けます。「Junk Files」モードが隠された写真のキャッシュを削除します。しかも無料です!
  • 画質を維持したまま写真圧縮:一度に複数の写真を圧縮できます。画質は一切変わらず写真スペースの75%を確保します。また圧縮前にオリジナルの写真データはすべてパソコンにバックアップされます。
  • 写真削除:これは一般的にiPadで写真を消すのと似ています。iPadで一度に全写真を削除する事はできません。「Select All」を選べば全て削除することができます。写真は念のためにパソコンにバックアップされます。
  • 写真削除:これは一般的にiPadで写真を消すのと似ています。iPadで一度に全写真を削除する事はできません。「Select All」を選べば全て削除することができます。写真は念のためにパソコンにバックアップされます。
  • 一度消した写真を削除:最新の分析テクノロジーを駆使して以前に消した写真を検出し、2度と復元できないように完全に削除します。カメラロールやWhatsApp内の写真に適しています。

写真を圧縮してどのくらいの容量を確保したかお分かりだと思います。画質は全く変わらず空き容量だけ増えます。たったワンクリックで写真の圧縮作業が完了するので、とても簡単に作業が行えます。