iTunesを使わずにiPhoneをファクトリーリセットする方法

ファクトリーリセットはiPhoneを初期状態に戻し修復する方法の1つです。しかしiTunesを使ってリセットするとエラーコードが表示される場合があります。そのためiTunesを使わない方法がベストです。iTunesを使わずにiPhoneをリセットしないといけない場面をご紹介します。

  • ファイルの削除とウイルス除去
  • 端末の容量を解放する
  • 端末の不具合を修復
  • iPhoneを初期設定に戻す
  • 端末を売る前に個人情報を削除する
reset iphone to factory settings without itunes

iTunesを使わずにiPhoneをファクトリーリセットするベストな方法

いくつか方法があります。リセットは購入時の状態にしたい時に役立ちます。さらにファクトリーリセットはデータを全て削除するため端末の動作も改善します。
しかし、ファクトリーリセットにもデメリットはあります。

  • ファクトリーリセット後、またiPhoneを起動する設定を行う必要がある。
  • ファクトリーリセット中にエラーが生じる可能性がかなり高い。
  • データの安全性に問題がある。削除されたデータは復元ツールで復元できるから。

そのため、iTunesなしでファクトリーリセットをするなら、 iMyFone Umate Pro/iMyFone Umate Pro for Mac “Erase All Data”がお勧めです。なぜならこの方法で削除したデータは2度と復元できないからです。なのであなたの個人情報が第三者の手に渡る心配はいりません。さらにiPhoneの初期設定をする必要もありません。さらにプログラムが全て作業を行ってくれるので、エラーメッセージも出ません。

無料で試す無料で試す

Umate ProはAll-in-Oneプログラムで端末の修復や個人情報を保護します。また写真や動画、メッセージなどの容量を食うファイルの削除もできます。このプログラムでは3つのモードが用意されています。

  • Erase All Data: このモードでiPhoneをiTunesなしでファクトリーリセットすることができます。端末内の全てのデータを削除し、復元不可能にします。
  • Erase Deleted Files: 携帯で消したファイルを検出し完全に削除します。個人情報漏洩を防ぐ最高のモードです。
  • Erase Private Data: 個人情報はとても大事です。このモードでは個人情報に関わる全てのファイルを完全に削除し100%復元不可能にします。

iTunesを使わずにUmate Proを使ってiPhoneをファクトリーリセットする手順

この方法はとても簡単にiPhoneをリセットできます。以下の手順をご覧ください。

手順1:Umate Proをダウンロードしてインストール。ソフトウェアを起動してiPhoneを接続する。

factory reset iphone without itunes

手順2:"Erase All data" タブを開き "Erase Now"をクリックする。

iphone factory reset without itunes

手順3:ボックス内に"Delete"とタイプして作業を許可する。"Erase Now"をクリックするとiPhoneのリセット作業が開始します。

reset iphone to factory settings without itunes
このプログラムでは日々のiPhoneクリーニング機能も提供しています。ワンクリックで空き容量を増やす機能はとても便利です。一時ファイルやジャンクファイルを取り除く時に便利な機能です。また、ワンクリックで一括で複数の写真や動画、アプリなどを削除することもできます。このプログラムさえあれば、もう容量不足で悩む必要はありません