なぜiPad miniはいつもクラッシュするのか?直す方法は?

iPad miniでメールのチェック、添付ファイルを開く、Facebookのチェックまたは音楽を流している時によく急にクラッシュします。画面が真っ暗になり、ライトが薄暗くなり、アップルのロゴが画面に表示されます。

ユーザーの間では「なぜいつもiPad miniがクラッシュするのか」議論されています。主な原因はデバイスのフラッシュメモリーに欠陥があるからです。すぐには現れませんが、あなたのデバイスが保管や使用のために使用するメモリーの部分にアクセスした時だけ起こります。使い始めの時はこのような問題は起こりませんが、デバイスのメモリーを最大限に使用したり、フラッシュメモリーの部分にアクセスした時に起こります。

パート 1 iPad miniがクラッシュしたらどうすればいいか?

1 iPad Miniを強制的に再起動する

  1. 赤いスライダーが現れるまで「スリープ/ウェイク」ボタンとホームボタン両方を押し続けます。
  2. 指でスライドしてiPad miniの電源を切ります。
  3. アップルロゴが現れるまで「スリープ/ウェイク」ボタンを押し続けます。

iPad miniが再起動したら、全てのRAMは書き換えられ、iPad miniのクラッシュを解決する場合があります。

ipad sleep button

2 iPad miniを強制的にリセットする

アップルのロゴが現れるまで最低でも10-12秒間「スリープ/ウェイク」ボタンとホームボタン両方を押し続けてください。その後、再起動するまでお待ち下さい。

注意

iPad miniのクラッシュ問題は消費者の中でよく知られている問題です。昔、よく使われていた携帯やデバイスは電池を調整するだけ機能していました。今の消費者は二度とiPad miniがクラッシュしない解決策を探しています。1つの解決策としては、デバイスの動作を遅くしスペースをかなり占めるジャンクファイルと一時ファイルをデバイスから取り除くことです。これらのファイルはデバイスのメモリとフラッシュを不正に書き換えるので、最善の解決策です。

パート 2 iPad miniのメモリストレージを管理してクラッシュする確率を下げる

今の時代、ユーザーの皆さんには iMyFone Umate ProiMyFone Umate Pro for Mac. という素晴らしい解決策があります。iPad miniを含めたiOSデバイスのための解決策です。たったワンクリックでiPad miniの全てのクラッシュ問題を取り除きます。とても使いやすく、あなたが抱える問題の最善の解決策です。最初に、iPad miniのメモリストレージを管理することでクラッシュと故障を起こす確率を減らします。たまにiPad miniがクラッシュする原因は破損ファイルやログです。iMyFone Umate Proで「Junk Files」から破損ファイルを取り除くことができます。

iPad miniでのクラッシュする確率を減らすために必要な3つのステップ

ステップ 1 : パソコンにソフトウェアをインストールし起動する。お持ちのiOSデバイスをケーブルで接続する。

Windows version Mac version

ステップ 2 : 「Quick Scan」ボタンを押してスペースセービング分析を開始。あなたのデバイスでどのくらいのスペースをセーブできるか表示します。

scan

ステップ 3 : 「Junk Files」のような特定のアイテムのそばにある「Clean」ボタンをタップし、「Start」ボタンを押す。作業が終わったら、どのくらいのストレージを取り戻したか知らされます。

clean

主な特徴
ジャンクファイル: アプリを起動した時、いくつかのジャンクファイル(クッキー、ログ、キャッシュ、破損ファイルなど)が作成されます。一度で30種類以上のジャンクファイルを削除できます。
一時ファイル: ダウンロードはせずに何かをプレビューする時でも一時ファイルは作成されます。一時ファイルを削除するためにアプリのアンインストールをする必要はありません。必要なのはたったワンクリックのみです。
写真: いつか必要になる時のためにパソコンに写真を転送する。その後、iデバイスの写真を削除または圧縮を選択。圧縮作業で写真の画質が劣化することは一切ありません。
ラージファイル: 動画、メディア、映画などはファイルサイズの違いによって取り除かれます。もちろん、その前にバックアップすることができます。
アプリ: アプリを一度に一括管理することができます。

1 全てのデータを削除する

お使いのデバイスを売りたい時などに使えるデバイスの全データを完全に削除することができます。デバイスに保存されている全ての一時ファイルやプライベートデータを永久的に削除し、それらのデータが第三者の手に渡ることは一切ありません。

2 プライベートデータを削除する

時々、ユーザーは全てのデータを消すのではなく、個々で消そうとします。その場合、以下のオプションをお選びください。不要で消したいファイル(メッセージ、写真、連絡先、通話履歴、WeChat、WhatsAppなど)を選び削除します。

3 消したファイルを削除する

その他にもスマートな特徴があります。過去に一度消したファイルを検知し完全に消去します。時々、削除後にもかかわらずファイルが残り続けている場合があります。そのため、この機能のおかげで全ての消し残りのデータをデバイスから完全に消去します。


パート 3 ボーナス:iPad miniのクラッシュを避ける秘訣

1 通知センターを使わない

iPhoneにも同じアプリが入ってる場合、iPad miniでそのアプリの通知を受ける必要はありません。お持ちのiPhone1つでアプリと通知を管理できます。これで同じ通知をiPad miniで受けることがないので、メモリをセーブできます。
iPad miniで「設定」を開き、「通知」を選択。1つ1つアプリを選び、通知オフにしてください。

2 Spotlight検索をオフにする

Spotlight検索でなんでも検索することができます(連絡先、ミュージック、アプリなど)。しかしどれも自分で出来ることです。そのため、この機能をオフにすることで、いくつかエネルギー消費を抑えることができます。「設定」>「一般」を開き「Spotlight検索」をクリックしチェックを外す。

spotlight

3 iOSシステムとアプリをアップデートする

常にお持ちのデバイスを最新のバージョンにしておくことがとても大切です。毎回アップデートがリリースされた時にお持ちのデバイスをアップデートしていると、デバイスの動作が良くなります。アプリも同様、常に最新バージョンにしていることで、ラグなどのバグを修正し、快適にお使いいただけます。

彼らはダウンロード中です

iMyFone Umate Pro

データを永久削除と全てのiOSデバイスのクリーンアップで100%リカバリー不可能にするためのオールインワンソリューション!

無料体験 無料体験

iMyFone Umate

iPhone/iPad/iPod touchとiOSパフォーマンスを最適化するため、1クリックでクリアアップします!

無料体験 無料体験