iPadのストレージを管理する方法

皆さんご存知だと思いますがiPadのストレージ管理はとても大事です。メモリスペースを管理することでiPadの動作を最適化しスムーズに使うことができます。iPadを使っていく内にジャンクファイル、アプリのキャッシュ、写真、アプリ、ビデオなどが溜まっていき動作が遅くなりがちです。それらの不要ファイルを削除する方法はいろいろありますが、そのほとんどは手動でしなければいけません。

いつiPadのストレージを管理すればいいか?

ストレージがいっぱいでアップデートできなかったりアプリをインストールできない時に、iPadのストレージを整理する必要があります。ストレージがいっぱいになったことに気づく方法は以下の時です。

  • 新しいiOSにアップデートできない
  • 動作がとても遅い
  • なんの通知なくクラッシュする
  • 不要アプリやファイルを完全に削除できない

自分でiPadストレージを管理する方法

どのファイルがストレージを一番占めているか確認したい場合は以下をご覧ください。

1. 「設定」>「一般」>「使用状況」を開いて確認できます。アプリを選んで削除することができます。

check ipad usge

2. iTunes からも行えます。iPadの情報からアプリ、写真、動画などの使用状況を確認できます。

ipad usage

3. また、iPadのホーム画面からアプリを削除できます。アプリのアイコンが揺れるまでタップし続けます。小さいXマークが現れるのでそれをタップして削除します。

delete ipad app


iMyFone Umate iPhone Cleaner - ワンクリックでiPadのストレージを管理する

iMyFone Umate ProiMyFone Umate Pro for Macを使って常にストレージに余裕を与えることでiPadを最大限に楽しむことができます。このクリーンソフトウェアはワンクリックで不要なファイルを削除できます。 以下でiMyFone umate iphone cleanerで何ができるか説明させていただきます。

iMyFone UmateでiPadのストレージを管理する手順

ステップ1:iMyFone umate iphone cleaneをダウンロードしてパソコンにインストールしてください。

Windows version Mac version

ステップ2:iPadをパソコンに接続して「Quick Scan」をクリックしてiPadの診断を行ってください。
imyfone umate
ステップ3:スキャン完了後、全アプリとファイルが表示され不要なものを選択してワンクリックで削除できます。iMyFone umate cleanerを使うことでお持ちのデバイスのストレージを管理できます。インターフェイスからジャンクファイル/一時ファイル/キャッシュの削除、写真の圧縮などを行えます。

manage ipad storage

1. まずはジャンクファイルの消去から始めましょう。「junk files」をクリックでソフトウェアが自動でiPad上にある全てのジャンクファイルをリスト表示します。画面右下にある「clean」を押して削除作業を行ってください。クリーニング後、ソフトウェアが取り戻したストレージの量とクリーニング作業で取り戻し可能な量を知らせてくれます。

2. ホーム画面で「temporary files」をクリックして「Clean」をクリックで全ての一時ファイルがデバイスから取り除かれます。

3. 写真の圧縮。インターフェイスからスタートをクリックしてパソコンに写真をバックアップして圧縮します。画質を維持したまま圧縮するので、なにも問題なくiPadのストレージを増やすことができます。

4. もっとストレージを増やしたい場合はファイルサイズの大きいファイル、不要アプリ、キャッシュファイルなどをiMyFone umate cleanerで削除してください。インターフェイスにある「clean」をクリックするだけでお持ちのiPadのストレージを増やすことができます。

norton mcafee