iPhone履歴を完全に削除する方法

iPhoneを使っていく中でiPhoneで行った作業の履歴が全て保管され、時々役に立つこともあります。例えば、電話に出られなかった相手のデータが残っていたり、よく訪れるサイトを記録したり役に立つシーンはたくさんあります。
しかし、それらの履歴データをiPhoneに残し続けることはよくありません。例えば、プライバシーの問題です。他人があなたがiPhoneで何をしているか簡単に知ることができるからです。またiPhoneのメモリを占め動作速度の低下に繋がります。なんであれ、定期的にiPhoneの履歴を消すことがとても大切です。


1 iPhone Safariブラウザの履歴を削除する

iPhone Safariブラウザの履歴を削除する
ステップ1:設定タブをひらく。Safariアプリからではなく設定アプリから履歴を削除する事をオススメします。
ステップ2:画面を下にスクロールしてSafariアプリを見つける。
ステップ3:Safariメニューから「履歴とウェブデータの消去」を選んでタップする。ポップアップで確認画面が出るので許可する。
ステップ4: 確認して履歴を削除する。クッキーとキャッシュファイルが削除されます。

clear iphone safari history

2 iPhone通話履歴の削除

定期的に通話履歴を消す事がとても大事です。手順は以下の通りです。

ステップ1:電話アプリを起動する。
ステップ2:「最近」のタブをひらく。最近通話したリストが表示されます。
ステップ3:「編集」をタップする。
ステップ4:「-」サインをタップして1つずつ削除または「消去」を選んで全て削除する。

clear iphone call history

この方法でiPhoneの履歴は消えますが、まだ目に見えない履歴がiPhoneに残っています。基本的な削除方法ではiPhoneに保存されているファイルを確実に消す事はできません。そのため、消しても復元ツールを使えば簡単に復元することができます。

iPhone履歴を完全に削除する方法

iPhoneの履歴が確実に削除するには、パワフルなツールを使ってファイルをスキャンし確実に復元されないように削除することが必要です。これができるのがiMyFone Umate Proです。

iMyFone Umate ProiMyFone Umate Pro pour Mac はiOS容量セーブとプライバシー保護における世界でベストall-in-oneソリューションの1つです。iPhoneの空き容量をワンクリックで増やします。また消したけど残り続けているメッセージや連絡先、動画、写真、通話履歴、カレンダー、ノート、ブックマークなどのファイルをスキャンし確実に削除します。なので、どんなに高度なソフトウェアを使ったとしても100%復元されることはありません。

無料で試す無料で試す

使い方はとても簡単でiOS10やiPhone 7にも対応しています。Umate Proには4つのモードが用意されています。“Erase Deleted Files”, “Erase Private Files”, “Erase All Data” と “1-Click Cleanup”です。iPhoneの履歴を削除したい場合は“Erase Deleted Files”をお使いください。

“Erase Deleted Files”モードについて知っておかなければいけない事

自分で消した写真や動画、メッセージなどを確実に削除することができます。覚えていて欲しい事は普段自分で消したファイルは簡単に復元されるという事です。それが後に個人情報漏洩に繋がり兼ねません。

しかしUmate Proを使えばそれらのファイルを確実に削除することができます。このプログラムは一度消されたファイルをスキャンし全て表示します。その後、自分で不要なファイルだけを選択して確実に削除する事ができます。この方法で削除したデータは2度と復元する事はできません。なのでプライバシー保護に最適な機能です。
しかしUmate Proを使えばそれらのファイルを確実に削除することができます。このプログラムは一度消されたファイルをスキャンし全て表示します。その後、自分で不要なファイルだけを選択して確実に削除する事ができます。この方法で削除したデータは2度と復元する事はできません。なのでプライバシー保護に最適な機能です。
scan iphone

ステップ1:プログラムをPCにダウンロード&インストールする。それからお持ちの端末を接続する。
erase iphone history

ステップ2:「Erase Deleted Files」モードを選んで「Scan」をクリックする。これで消し残り全てのファイルを検出します。
delete iphone history
ステップ3:スキャン完了後、ファイルを確認して不要なファイルを選択する。「Erase Now」をクリックしてデータを完全に削除する。

無料版もありますが機能に制限があります。ベーシックなクリーニング機能で一時ファイルやジャンクファイルを削除し、お持ちのiPhoneの空き容量を増やします。無料お試し版では自分が消したファイルがiPhoneに残っているかスキャンして確認する事ができます。それらのファイルを確実に削除したい場合はソフトウェアをアップグレードする必要があります。