iCloudパスワードを忘れた?3つの解決法!

iPhoneやiPadを使う際、iCloudアカウントが必須であることは全てのApple社ユーザーは知っていますが、iCloudパスワードを忘れた場合、どうすれば良いのでしょうか?

パート1: 「Apple ID」でiCloudパスワードをリカバーする方法

iCloudパスワードをお忘れの場合、Apple社の「Apple ID」サービスを利用して、パスワードのリカバリーを試みることができます。
パスワードをリカバーするには、下記の手順に従ってください:

手順1: サファリーを開いてappleid.apple.comを入力します。
手順2: ID又はパスワードを忘れたタブをクリックし、Apple IDを記入、次をクリックします。
より簡単な電子メール認証を使って、Apple社に本人確認も行うことができます。アカウントの確認が取れたら、Apple社からはバックアップアカウントに電子メールを送信されます。
手順3: メールが届いたかを確認するため、電子メールアカウントを確認します。
手順4: 「Apple IDをリセットする方法」のメールを受信できたら、本文内にある今すぐリセットリンクをクリックしてそこにある指示に従います。
Forgot iCloud Password

パート2: パスワードなしにiCloudアカウントを削除する方法

iCloudパスワードを忘れ、パスワードを入力せず、iCloudアカウントを削除したい場合、下記がその方法になります。

1 設定からiCloudアカウントを削除する

手順1: 設定からiCloudをタップします。
手順2: パスワード入力が促されたら、乱数を入力します。
手順3: 「完了」を押してたら、iCloudからパスワードが間違っていると表示されます。
手順4: OKをタップしてからキャンセルをタップします。
手順5: 再び、iCloudページが表示されます。もう一度、アカウントを押して、詳細を削除し、「完了」をタップします。
手順6: パスワードのオプションがなくなったメインiCloudページに戻ります。「iPhoneを探す」機能性は無効になります。下までスクロールして、削除を押します。
Delete iCloud Account without Password

2 第三者ツールを使ってiCloudアカウントを削除する

データの永久削除に使うiMyFone Umate Pro又はiMyFone Umate Pro for Macを使って、古いiCloudアカウントを削除できます。その方法は、下記に記載されています:

手順1. プログラムをパソコンにダウンロードし、実行して、デバイスをパソコンに接続します。
手順2. ニーズに合った永久削除モードを選択します。全部で4つの永久削除モードがあります: 全てのデータを永久削除、プライベートデータを永久削除、前に削除したデータを永久削除とプライベートフラグメントを永久削除。
手順3. 削除作業の確認を行い、安全なiPhoneを手に入れます。
Erase iPhone data

iOSの永久削除を行う最も重要な理由の一つとして、データが取り戻され、悪質な手口に使われないことを確保することです。Umate Proを使って永久削除されたデータは、最先端のリカバリーツールを使っても取り戻される心配はありません!

無料で試す無料で試す

パード3: 新しいiCloudアカウントを作る方法

新しいiCloudアカウントを作ることも簡単です:

手順1: 設定をタップし、「メール、連絡先、カレンダー」から「アカウントを追加する」から、「iCloud」ボタンをその順番でタップします。
手順2: ページの下にある「新しいApple IDを作る」ボタンをタップします。
手順3: 誕生日を入力し、ページ右側にある「次」ボタンをタップします。
手順4: 姓名を入力して、「電子メール」フィールドには電子メールアドレスを入力します。
手順5: パスワードを作って、それを再確認し、右上の角にある「次」ボタンをタップします。
手順6: 三つのセキュリティ質問の回答を入力し、「次」をタップします。セキュリティーの観点から任意のバックアップ電子メールアドレスを入力します。
手順7: 新しいApple IDに関する重要情報を確認し、右下の角にある「同意する」をクリックして、手順を終了します。
Create a New iCloud Account