iCloudは安全ですか? iCloudの安全を守るトップ4のヒント

iCloudはAppleのストレージスペースであり、全ての情報、写真、書類、ノートやメールなどを保管できます。iCloudにログインした異なるデバイスより変更する情報を随時アップデートします。

ほとんどのAppleユーザーは常にiCloudにログインした状況を保ちます。しかし、本当にiCloudは安全であるのでしょうか?最近のスキャンダルでは、有名なハリウッドのセレブのiCloud情報がネット上に漏れ、ほとんどの人はiCloudアカウントの安全性を疑っています。ほとんどのセレブニュース同様、このニュースもすぐに広がりました。今となって、ほとんどの人達は、AppleのiCloudアカウントの安全性を信頼し、頼りにすることを避けています。時間が経つにつれ、Appleはその過ちを正すようにしてきましたが、Appleユーザーの中ではまだ疑っている人もいます。

iCould

iCloudは安全ですか?

1AppleはiCloudのプライバシーを守るためとのような処置をしてますか?

Appleはユーザーからきたクレームを正すため、いくつかの処置を施しました。この質問の回答は多くのiOSユーザーが懸念を抱いています。

  • ユーザーや彼らのデータを保護するため、Apple社は2段階の認証プロセスを有効化しました。この処置により、違法的にあなたのデータをアクセスしようとしている他人からあなたのデータを守ることができます。他のデバイスがあなたのiCloudアカウントにログインを試みる際、あなたの他のデバイスにその行為の通知メッセージが届きます。そこで、アクセスを許可する必要が生じます。この様な方法でiCloudアカウントの情報を守り、安全に保つことができます。この二段階認証により、ユーザーのみが個人的なデータやアカウントをアクセスすることが可能になります。
  • iCloud two-step verification

  • ほとんどの方は古いデータをiCloudストレージにバックアップするため、前に削除した情報もアカウントに残ります。Appleはこの様な大量のデータをハッカーや詐欺から守るため、処置を施しています。しかし、Appleはエンドトゥエンド暗号化ではなく、ユーザーエンドの暗号化技術のみを用いるため、プライバシー侵害などのスキャンダルが発生しています。Apple社のCEOであるティムクック氏はユーザーに二段階認証過程を使う様、様々な方法でその認識を広げる活動を行なっています。

2iCloudプライバシーの侵害のリスクとは何?

iCloudセキュリティや安全性はまだ完璧ではありません。Apple社のiPhoneを探すアプリは、ハッカーが使う抜け穴になっています。ハッカーは無理やりユーザーのApple IDを用いり、データが保管されたiCloudアカウントに侵入します。このバグにより、無限のパスワードを試すことができます。ElcomsoftのPhone Password Breakerと言った巧みなツールを使うことで、パスワードを簡単に割り出すことができます。ハッカーは多くの削除されたデータあるいはアップデートされたデータを手に入れることができます。このバグはApple社の製品で全てのiCloudユーザーに影響を与えることになります。


iCloudの安全性を疑っていますか?iCloudを安全に保つ4つのヒント

まだiCloudの安全性を疑っている場合、問題が起きる前に施せる処置はあります。

1強いiCloudパスワードを設定する

最初に施せる処置とは安全なパスワードを使うことです。簡単に割り出すことができるパスワードは使わない様にしましょう。大文字や小文字さらに数字を組み合わせて安全なパスワードを設定しましょう。誕生日、記念日、子供の名前、旧姓などは簡単に割り出すことができるため、これらは使わない様にしましょう。また、大好きなバンド名や生まれ故郷など、割り出すことが可能であるものはiCloudパスワードとして使用しない様にしましょう。

2iCloudにサインインする際、二段階認証を使いましょう

Apple社はユーザーの個人データや情報を守るためにわざわざこのシステムをデザインしました。iCloud二段階認証はデータの安全性を保つための標準的な方法です。新しいデバイスを使ってアカウントにログインする際、iCloudはパスワードと6桁の認証コードを要求します。この認証コードは瞬時に信頼するデバイスに表示されるため、ユーザーのみがログインできることが可能になります。さらに、信頼するデバイスのみでパスワードでのログインを許可します。これで、iCloudの信頼性を疑っている方々の疑問も解決しましたか?

二段階認証を設定するには、Apple IDアカウントにログインして、「Apple IDを管理する > パスワードとセキュリティ > 二段認証」を開きます。そこにある指示に従い、手続きを完了させます。

3「iPhoneを探す」をオフにする

ほとんどの場合、iPhoneを探すから問題が発生しているため、このアプリを無効にする方が良いでしょう。iPhoneを探すアプリはハッカーに直接的なアクセスと無限のパスワードを試す機会を与えます。

4完全に不要なプライベートデータをデバイスから永久削除する

データをiPhone、iPadやiPodから削除するだけでiCloudセキュリティリスクを避けることはできません。不要な個人的なデータをデバイスから完全に永久削除することが最も優れた方法です。Appleはこの様なオプションをユーザーに提供していません。しかし、iMyFone Umate Pro又はiMyFone Umate Pro for Macを使用し、データを消去することでデータを100%安全に保つことができます。

iMyFone Umate Proは全てのデータの片付けニーズに応える簡単に使用可能なアプリです。全てのデータや隠されたコンテンツを永久削除することができ、リカバリーツールを使っても、100%取り戻すことはできません。データを個々に選択して削除したい場合、それも可能です。データを削除しても、完全にそれは消されません。しかし、「削除されたファイルを永久削除」オプションを使うことで、削除されたコンテンツが占有するスペースを取り戻すことができます。

Windows version Mac version

iMyFone Uamte Proの主な特徴

  • 対応しているファイル: 全てのiOSファイルの削除と永久削除に対応しています。
  • セキュリティレベル: 選択可能な3つのレベルがあり、安全性だけでなく、効率的にプライバシーを守ることができます。
  • すべてのデータを永久削除: iPhone、iPadやiPod Touchから全てのデータやファイルを永久削除できるオールインワンソリューションであり、データが悪質者の手に入れない様にします。
  • プライベートデータを永久削除: 個々に不要な個人データを破棄することができます。デフォルトアプリのデータだけでなく、WhatsApp、Wechatなどの第三者アプリのプライベートデータなども個々に永久削除することができます。
  • 削除されたファイルを永久削除: 前に削除されたファイルから発生するiCloudセキュリティリスクを心配している場合、心配ご無用です。前に削除された全てのファイルを見つけ出し、それらを完全に破棄することができます。
  • 1クリックフリーアップスペース: ジャンクファイル、一時ファイル、写真、動画やアプリなど、全ての不要データやファイルを1クリックで完全に片付けることができます。

ここから何かを削除あるいは永久削除するには、3つのみの手順が必要になります。

  1. 接続する: iOSデバイスをパソコンに接続する。
  2. 永久削除する: 永久削除するモードを選択して、「スキャン/永久削除」ボタンを押します。
  3. 不要なファイルを選択して、「今すぐ永久削除」ボタンを押します。
  4. ボックスに「削除」と入力して、確認します。

彼らはダウンロード中です

iMyFone Umate Pro

データを永久削除と全てのiOSデバイスのクリーンアップで100%リカバリー不可能にするためのオールインワンソリューション!

無料体験 無料体験

iMyFone Umate

iPhone/iPad/iPod touchとiOSパフォーマンスを最適化するため、1クリックでクリアアップします!

無料体験 無料体験