リマインダーリストをiOS10のiPhoneから永久削除

リマインダーリストは忙しいときにスケジュール管理にとても役立つツールです。しかし、一度実行済みになるとそれらのデータはどうなるのか。どのようにリマインダーデータを削除するか知る必要があります。

実行済みのリマインダーリストを消さずに次々と作成していくと、次第にストレージを埋まっていき、ストレージ不足の原因になり兼ねます。さらに、人には見られたくない事が書いてある場合も実行後に削除してください。

iPhoneからリマインダーを消去する方法

リマインダーリストを削除する方法はとても簡単です。iPhoneデバイスから削除する場合は以下の手順に従ってください。

  1. 「リマインダー」を起動して、メニューを探してタップ。
  2. 画面の右上にある「編集」を押してください。
  3. 各欄に「delete」のボタンが表示されますので、消したいものを選んでタップしてください。
delete reminder iphone

iPhoneからリマインダーリストを削除する前に本当に消したいものだけを選択しているかご確認ください。時々、リストを他の人とシェアしていて、消すはずのなかったものまで消してしまう事がありますので、よくご確認ください。

上記の手順はiPhoneから直接削除する場合のものです。iCloudから消したい場合は以下をご確認ください。

  1. 消したいリマインダーリストを選択
  2. リスト上から要らないものを探す
  3. 「Backspace Key」もしくは「delete」を押してください

iCloudから削除したリストは全てのiCloudと繋がっているデバイスからも消えますので、ご注意ください。iCloud Webから削除したリストは自動的にiPhone上からも削除されます。

iPhoneからリマインダーリストを削除するだけでは足りない

これらのリストはキャッシュメモリーとしてストレージを有します。リマインダーアプリであなたが作成したリマインダーリストはアプリキャッシュとiPhoneメモリ両方に影響を与え、動作の低速化に繋がります。iPhoneからリマインダーリストを削除した場合、iPhoneのストレージが十分確保されたか、またジャンクファイルがちゃんと削除されているかを確かめてください。

手動でリマインダーリストを削除する場合、いくつかの欠点があります。

  • リストまたはリマインダーがキャッシュに残る場合があります。
  • もしリストが共有されている場合、解除できない場合があります。その場合、ファイルはiPhoneに保存されたままになります。
  • 実行済みのリストを消さずに、新しくリストを追加していくと、ストレージ不足の原因に繋がります。
  • 自分で消したリストのデータは簡単に復元ツールで第三者に復元される恐れがあり、個人情報の流出の危険もございます。

iPhone上の全てのリマインダーを永久削除(復元不可能)

これは最も効率的にデータを消去するプログラムで、数分であなたのお悩みを解決してくれます。たくさんの消去モードが用意されており、お好きなモードを選んでデータを消去して頂けます。やるべきことは、プログラムをダウンロードし起動。スキャンが終わるまで待つだけです。「iMyFone Umate Pro 」/「 iMyFone Umate Pro for Mac 」は以前削除されたファイルで復元可能なファイルを全て検索します。それらのレコードを全て見つけ出し、確実に永久削除します。

このプログラムは4つのモードからデータ消去を行います。「全データの削除」、「選択し削除」、「個人情報の永久削除」、「不要データをワンクリックで削除」。最後のモードはワンクリックで不要データの削除、写真の圧縮などを効率的に行うことで、iPhone上のストレージを増やします。

Windows version Mac version

このプログラムを使うと全ての作業が短時間で簡単に行うことが出来ます。リマインダーを完全に削除する方法は以下の通りです。

ステップ1:iPhoneをパソコンに接続しプログラムを起動。

connect your iPhone

ステップ2:Date erasing modeから「Erase All Date」を選び「security level」を選択してください。

delete reminders iphone

ステップ3:作業が終わりましたら、次に表示されるメッセージの中に「delete」と入力してください。入力後、「Erase Now」をクリック。

iphone reminders delete

norton mcafee