iPhoneの全ての設定をリセットする方法

iMyFone Umate Pro iMyFone Umate Pro
imyfone app

ほとんどのユーザーは設定画面に馴染みがあると思いますが、実際何をしたらいいのか分からない人が多いと思います。ファクトリーリセットは iPhoneを完全初期化にしたい時に使います。購入した時の状態とほぼ同じです。 iPhoneを初期化したい理由はいくつかあります。

  • iPhoneの誤動作を直したい時
  • ウイルス感染したファイルをダウンロードしてしまってそのファイルを取り除きたい場合。
  • 他人に iPhoneを譲る前に全ての個人情報を消したい時。
  • メモリ不足により空き容量を増やしたい時。

方法1: iPhoneから直接設定をリセットする(消したファイルは復元できます)

iPhoneはこのような作業をするときにパズルのような感じになります。 iPhoneの設定をリセットするには以下の手順に従って下さい。

手順1: 設定を開いて一般をタップ。

手順2: リセットまで画面を下にスクロールする。6つのオプションが用意されているので選んでください。

  • 全ての設定をリセット - キーボード辞書、プライバシー、位置情報、ネットワーク、ホームスクリーンレイアウトなどの iPhone設定を戻したい場合。
  • 全てのコンテンツと設定を削除 - 携帯の設定をリセットするだけでなく、データも全て削除したい場合。
  • ネットワーク設定をリセット - ネットワークのデフォルト設定に戻す場合(保存されたパスワードは削除されます)。
  • キーボード辞書をリセット - カスタマイズした辞書をリセットしたい場合。
  • ホーム画面のレイアウトをリセット - ホーム画面のアイコンの陳列を初期化する。
  • 位置情報とプライバシー設定をリセット - プライバシー設定と位置情報を初期化したい場合。

手順3: パスワードを入力してリセットボタンをタップして作業を完了させる。お選び頂いたオプションによって iPhoneの再起動に時間がかかる場合があります。
reset an iphone

iPhoneのリセット作業が完了したら iPhoneを起動できます。もし起動できなければ少し時間をあけてから再度お試しください。アップルのサーバーがダウンしている可能性があります。まだできない場合は iPhoneを再起動してSIMカードを確認してください。またネットワークとWi-Fiに問題がないか確認して、iTunesからも iPhoneの軌道をお試しください。

注意

この方法で削除したデータは簡単に復元されます。プライバシーを守るには iPhoneに保存されているデータを完全に削除する必要があります。完全に削除できればどんなに優れた復元ツールを使ってもデータ復旧することができません。

方法2: iMyfone iPhone Data Eraserを使って iPhoneをリセットする(削除したデータは復元されません)

携帯のアクティベーション作業をしたくない時に使えるツールがあります。お持ちの iPhoneが脱獄されている場合はこの問題に直面する可能性があります。 iMyFone Umate ProiMyFone Umate Pro for Mac は iPhoneの設定を全てリセットするのに役立つツールです。このソフトウェアは iPhoneに保存されている不要なファイルを全て削除し、メモリの空き容量を増やします。またこのソフトウェアで削除したデータは二度と復元できません。ソフトウェアをダウンロードしたら誰でも簡単にお使い頂けます。 iPhoneのリセットと似ていますが、違うところは3つのオプションが用意されている事です。

無料で試す無料で試す

アカウントパスワード、メッセージ、写真を含めた全てのファイルを一掃。

  1. 1. 痕跡の残さず完全にファイルを削除するので、100%復元不可能です。
  2. 過去に消したデータを全て見つけ出し完全に削除します。

iphone reset all settings

ソフトウェアには4つのモードがあります。クリーンアップ、消したファイルの削除、全データの削除、プライベートデータの削除。これらの4つのモードは iPhoneのリセットボタンと効果は同じです。

必要なのはパソコンに iPhoneを接続して全データ削除モードを選択する。その後プログラムが iPhoneをリセットします。
how to reset a iphone
iPhoneの設定をすべてリセットする場合、 iPhoneに保存されている全てのデータが削除されます。写真やメッセージ、その他データも削除されます。
もしデータを失いたくない場合は、パソコンもしくはiCloudに同期、またはバックアップすることをお勧めします。