iPhone の「書類とデータ」とは?

新しい写真を撮りたいのにストレージ不足で撮れないことってないですか?iPhoneでクオリティの高いゲームをしてる最中にフリーズすることはありますか?ストレージ不足のせいで携帯を買い換えようと考えてる方はいらっしゃいますか?

心配する必要はありません。同じ経験をしている人は沢山いらっしゃいます。容量不足を解決するために面倒なことをする必要はありません。気づかないうちに、iPhoneのストレージは「ドキュメントとデータ」ファイルの蓄積により埋まっていきます。解決するにはまず、それらのファイルが必要かそうでないかを調べて削除する必要があります。


iPhoneの「書類とデータ」ってなに?

オンラインのフォーラムによると、「書類とデータ」がストレージの大半を占めています。「書類とデータ」ってなに?それらのファイルを削除する方法を学ぶ前に、まずはiPhone上での「書類とデータ」の正体を理解する必要があります。

iPhoneの「設定」>「一般」>「ストレージとiCloudの使用状況」>「ストレージを管理」の順に開くと、どのアプリがストレージの大半を占めているか、又、ストレージ不足の原因となるアプリを見つけることができます。

のストレージ不足を避けるために、定期的に整理している人はいます。しかし、「書類とデータ」ファイルはグレーに塗られていてクリックできない為、削除することが出来ません。それらのファイルを削除する便利な方法ってないの?

Delete app documents data iphone


「書類とデータ」ファイルを削除する3つの方法

その1: アプリケーションをアンインストールし再インストール

この方法が1番手っ取り早く「書類とデータ」ファイルを削除することができます。

アプリアイコンを長押しし、「X」マークをタップでアプリを削除することが出来ます。「App Store」でアプリを再インストールしてください。

上記の方法で不要ファイルを全て削除することができます。しかし、アプリのデータがiCloudに自動的にバックアップされている場合があるので、確認してください。


その2: 可能な限りデータを削除する

かなりの時間を要しますが、1つ1つアプリを開き「書類とデータ」ファイルを消していく方法です。しかし、中には消せないデータがあるので注意してください。

iPhoneから削除できる「書類とデータ」ファイルの一覧は以下の通りです。

  • Safari: キャッシュ、リーディングリスト、履歴、クッキーなど
  • メッセージ: メッセージ内の添付ファイル、過去のメッセージのやりとり
  • メール:過去のメールと添付ファイルを削除
  • iTunes: 音楽、映画、ドラマ、サムネイルキャッシュなど
  • ボイスメール (留守番電話):すべてのボイスメールを削除

その3: 「iMyfone Umate」- プロフェッショナルiPhoneクリーナー

いくつか不要ファイルを削除するアプリケーションがある中で、「iMyFone Umate Pro / iMyFone Umate Pro for Mac 」が一番適しています。

  1. お持ちのiPhoneをスキャンし30以上の不要ファイルをワンクリックで削除
  2. 各アプリの隠しファイルを全て削除
  3. 写真を圧縮し、複数の写真を一度に削除
  4. ファイルサイズが5メガバイト (MB)以上のファイルを検出し、要らないものだけを選択し削除出来ます。
  5. ファイルサイズ順にリスト表示化、不要のアプリだけを選択し一度に削除

Windows version Mac version

clear documents and data

事実上、「iMyfone Umate iPhone Cleaner for Mac」が最もパワフルで使い勝手の良いiPhoneクリーナーアプリです。必要なのはアプリケーションをパソコンにインストールし、iPhoneをパソコンと接続、アプリケーションが自動できに不要ファイルを検出し削除してくれます。今まで消せなかったファイルを全て消してくれる便利なソフトを是非、お試しください。これ1つで容量不足問題を解決!

norton mcafee